2017年春の早慶戦 第一戦応援ツアー

大混戦の中、勝点を落とし4位に終わる
秋への奮起を期待

5月27日(土)、記録と記憶に残る戦いを小平稲門会の6人が学生席で応援してきました。今季は、第7週まで5校に優勝の可能性があるという大混戦。最終的に慶應と立教が抜け出し、両校の優勝争いとなり、その行方は早慶戦の結果次第という状況に3万人の大観衆が集まった。

応援に駆けつけた面々

応援に駆けつけた面々

早稲田の頼りは投手力という中、エース小島が足首故障から復帰し先発、慶應強力打線との対決という図柄になった。5回までは両軍合わせてヒット1本という投手戦。6回裏に試合は大きく動いた。今まで無安打と沈黙する慶應打線、2番瀬尾が左翼フェンス直撃の2塁打。早稲田は一番警戒する3番柳町を敬遠。今日当りの出ない4番岩見との勝負を選び、併殺狙いの作戦。岩見の打球は3塁ゴロで狙い通り。しかし3塁織原の足が滑り、緩い送球でオールセーフ、満塁という大ピンチ。6番清水に右翼スタンドに満塁ホームランを浴びた。好投小島は、細かい作戦と守備の綻びから、たった2安打で沈んだ。

ここで諦めないのが早稲田。応援団長の「5点とろう」の掛け声に奮起し、7回恒例の「都の西北」が響き渡る中、先頭打者主将の佐藤が左翼へ鮮やかな初球ホームラン。これで勢い付いた早稲田は、四球を絡めた代打攻勢で、本当に5点を奪い、5対4と見事逆転に成功。応援席は最高潮の盛り上がりを見せ、勝利を確信した。

応援席風景

応援席風景

しかし代打攻勢の代償は大きく、右のエース柳沢を打者1人で交替させたため、次を誰に投げさせるか? この緊張場面を1年生投手早川に託さざるを得ない状況となった。不安は的中し、1安打、2四球で満塁とした後、前回敬遠した3番柳町に打順が回り、最悪の状況。またもや満塁ホームランを浴び、これで早稲田は、息の根を止められた。2イニング連続満塁弾という新記録と、0対4をものともせずに5対4と一度は逆転した記憶に残る試合となった。

チアーも頑張ったが…

チアーも頑張ったが…

早稲田は、四球、野選を絡め5点を取ったものの実質は3安打の貧打で、試合は5対8で敗戦。第2戦は12対6で勝ち慶應の優勝を阻むという意地を見せたが、第3戦は3対4で敗れ勝点を失い、春季リーグは、立教の優勝、早稲田は4位に終わった。

シーズンを通して、1点差負けや延長戦負けなどが多く、総じて力負けという印象が強い。個人部門では、2年生の加藤が首位打者獲得&ベストナインに選出されたり、1年生投手早川など元気の良い1、2年生が多く、秋季リーグに向けて大いに期待&奮起を促したいものである。

無念! 乾杯のお酒もほろ苦い

無念! 乾杯のお酒もほろ苦い

試合終了後は新宿「うおや一丁」で西東京、東村山稲門会と合同残念会を行った。

(大島二典 記)

《当日参加者》
伊藤徹(44法)、大島二典(44理工)、栗原政博(39政経)、中村泰三(41理工)、二又祐一(47商)、村木央明(46政経)、合計6名。

 

「夏の集い」 参加者募集中 奮ってご参加ください!

~水陸両用バス「スカイダック」による東京スプラッシュツアー~

今年の「夏の集い」は、水陸両用バスで東京の下町を散策・旧中川の川の駅「東大島」で暑さを癒すスプラッシュを体験する見学ツアーを企画しました。
皆様に楽しんで頂ける企画ですので、奮ってご参加くださるようお待ちしております。

東京スカイツリーを背景に悠々と水上散歩(www.skybus.jpより)

東京スカイツリーを背景に悠々と水上散歩(www.skybus.jpより)


【募集要項
1.実施日時: 平成29年6月24日(土)
2.集合場所: 「東京スカイツリー駅前 日の丸自動車営業所」に14時30分集合(東京スカイツリー駅正面口から徒歩3分)
3.費   用: 約7,000円(バス代2,900円、会食費含む)
4.申込締切: 6月10日(土)
5.申  込  先: 中村(電話 090-7252-7852   Fax 042-341-3822)
6.そ  の  他: 
(1)バスの中での飲食・飲酒および喫煙はご遠慮願います。
(2)約100分のツアーで、川の駅でトイレ休憩があります。

【参考コース】
東京スカイツリー駅 日の丸自動車営業所集合(14:30)
―  出発(14:55) ―  亀戸 ― 東大島「旧中川・川の駅」(水上運行・トイレ休憩) ― 亀戸 ―東京スカイツリー駅前(16:35) ― 東京スカイツリータウン・ソラマチにて会食(16:45~18:30) ― 解散(18:30)

 

二~三分咲きの寒空の下で「お花見会」を決行!

2017年4月1日(土)11時30分、小金井公園、前日からの雨も止んだが、4月としては記録的な寒さの中、小平稲門会の有志が参集して「春のお花見会」が開かれた。

元気に全員で「乾杯!」

元気に全員で「乾杯!」

今年は早々の開花宣言があり、本日あたりは満開のはずだったが、その後寒さが続き、桜もお休み。しかも、西東京稲門会と小金井稲門会と一緒に楽しむはずが、彼らは中止・順延。
そんな中でも「桜まつり」が開催されており、若い娘たちが踊りを披露していた。

寒空の下「桜まつり」も頑張る

寒空の下「桜まつり」も頑張る

一同飲んだ、食べた 後半は天気も回復 全員笑顔一杯

一同飲んだ、食べた。後半は天気も回復、全員笑顔一杯


例年通り、二次会を花小金井の「手打ちうどん甚五郎」で開催、暖かい部屋で、改めての乾杯と懇談が続いた。特に、日本海側の温泉紀行のお話は印象的であった。

今年は小雨と寒さ、それでも14名の我らが強者が楽しんだ記憶に残るお花見会となった。

(中村泰三 記)

【当日参加者14名】
石井道彌(27文)、大島二典(44理工)、小川浩史(35法)、河崎健治(46政経)、国友康邦(38商)、栗原政博(39政経)、小山雄一(43法)、篠原哲(46理工)、竹内吉夫(49商)、中村泰三(41理工)、二又祐一(47商)、松尾寛敏(48政経)、松村純夫(51政経)、村木央明(46政経)

春の早慶戦 応援ツアー参加者募集中!

昨秋の東京六大学野球リーグ戦は、僅差で早慶戦を落とし、無念の3位という結果でした。今春は、投打の主力が卒業、残る小島投手他の奮起を期待したい。優勝を目指して、ご一緒に声援を送りましょう。
「ワセ・スポを愛する会」と共同で開催します。皆様のご参加をお待ちします。

●実施時期:2017年5月27日(土) 午前11時集合
●集合場所:明治神宮球場 1塁側学生席入口
●費    用:1,000円 (昼食は各自ご用意ください)
●申込み先:中村泰三 電話090-7252-7852   Fax 042-341-3822
●申込締切:5月13日(土)

 

2017年新春交歓会 開催される

大盛況のなか成功裡に終了!

司会の大島幹事長

司会の大島幹事長

穏やかな節分の日、2月3日(金)午後5時から小平稲門会新春交歓会が、ブリヂストンクラブで盛大に開催された。今年は、会場の都合で夕刻開催になり、参加者の出足が心配されたが、51名と多くの方のご参加をいただいた。
大島二典幹事長(44理工)の司会でスタート、はじめに栗原政博会長(39政経)の挨拶、来賓の宮寺賢一小平市議会議長からのご挨拶をいただき、引き続き、長老の富澤七郎さん(33商)による乾杯が行われ、歓談へ移った。

挨拶する栗原会長

挨拶する栗原会長

乾杯の音頭をとる富澤さん

乾杯の音頭をとる富澤さん

その後、ご多忙の中、駆けつけていただいた小林正則小平市長のご挨拶をいただいた。

来賓のご挨拶。左・小林小平市長、右。宮寺小平市議会議長

来賓のご挨拶。左・小林小平市長、右・宮寺小平市議会議長

引き続き、恒例となったビンゴゲームを、二又祐一さん(47商)、松尾寛敏さん(48政経)の担当のもとスタート。松尾さんから、今年の賞品は、ご家庭で奥様が喜ばれるものを準備したこと、上位入選者から自由に好きな賞品を選べる新趣向をこらしたことの説明があり、結果これが大好評。ビールや高級ウイスキーなど、例年ならば上位の賞品が、後の方まで残るという珍現象が起こり、思いがけず良い賞品を手に入れた人もいて、大満足の様子。見事1位を射止めた木本芳樹さん(49理工)の魚沼産コシヒカリを抱いての1位獲得談話が、皆の笑いを誘った。

ビンゴゲームの賞品を説明する松尾さん(左)と、1位を獲得した木本さん

ビンゴゲームの賞品を説明する松尾さん(左)と、1位を獲得した木本さん


その後、新入会員の岩本義明さん(52理工)、北橋捷之さん(42商)の紹介・挨拶が行われた。今年は新入会員の参加が2名で昨年よりも少なかったが、その分お二人は、既会員の方と十分お話ができたようである。

新入会員の岩本さん(左)と北橋さん

新入会員の岩本さん(左)と北橋さん


楽しい一時は大盛況のうちにアッという間に過ぎ、滝口幸一幹事(平8文)のリードで校歌斉唱を行い、満場の熱い拍手のうちに閉会した。

滝口さんのリードで校歌「都の西北」の大合唱

滝口さんのリードで校歌「都の西北」の大合唱


2次会も、19名の多数の方の参加で、大いに会話も弾んだ。お店からの趣向の「フラダンス」もあって大いに盛り上がった新春交歓会だった。

(大島二典  記)

当日参加者(敬称略):合計51名
【来賓:2名】
小林正則(小平市長)、宮寺賢一(小平市議会議長・小平稲門会会員)
【会員:49名】
青木壯司(40政経)、井垣昭(36法)、石井道彌(27文)、伊藤徹(44法)、岩本義明(52理工)、大島二典(44理工)、大野照藏(39法)、大渕和夫(43政経)、小川浩史(35法)、 河崎健治(46政経)、北橋捷之(42商)、木本芳樹(49理工)、国友 康邦(38商)、久保田節子(47文)、栗原政博(39政経)、神波節夫(45政経)、小嶋弘(41商)、小森和彦(44法)、小山雄一(43法)、斉藤和久(44理工)、 櫻井英夫(46法)、佐藤俊雄(33教育)、 佐藤良三(27法)、末次浩一郎(47政経)、杉浦端(47理工)、鈴木昭助(42商)、滝口幸一(平8文)、滝沢公夫(30法)、塚本恵三(48理工)、百々謙治郎(50政経)、飛田護道(35教育)、富澤七郎(33商)、中村泰三(41理工)、西村弘(35教育)、野村吉宏(36政経)、 早川三雄(46法)、日高文雄(48文)、福士勝夫(35理工)、福田豊(48理工)、二又祐一(47商)、堀田耕也(36政経)、松尾寛敏(48政経)、松村純夫(51政経)、三塚博(45商)、峯岸敏雄(44政経)、村木央明(46政経)、矢島久吉(26法)、山口弘毅(34政経)、山本浩(29政経)

 

春の集い お花見会へのお誘い

春到来! 野も山も人の営みも、にわかに動き出してきました。 今年も小平稲門会の「春の集い」は都立小金井公園でのお花見会です。

桜花爛漫の花の下で、仲間と共に飲み・食い・人生を語らい、気持ちの良い一日を野外で過ごしてみてはいかがでしょうか。 ご家族やご友人をお誘い合わせ大勢の会員の参加をお待ちしております。
2次会(自由参加)も用意しておりますので、目一杯、一日を楽しみましょう。
雨天の場合は中止とさせていただきます。
【実施要項】
日     時: 2017年4月1日(土) 11:30から
花見会場: 公園西側(図のマーク の辺り) 。
          小金井公園へのアクセス(電車・バス)はこちら
 ●持  ち  物: 飲物(お酒、お茶等)、食物(軽食、つまみ等)を各自準備してください。
参加希望者連絡先: 中村(電話090-7252-7852)
小金井公園お花見会場


 

 

2016年秋の早慶戦応援ツアー

勝点を落とし3位に終わる

2016年10月29日(土)、小平稲門会有志が神宮球場に参集。今季は既に明治の優勝が決まっており、参加者3名と寂しいものであったが、宿命のライバル慶應と2位をかけた戦いに、応援席の雰囲気は盛り上がった。

応援に駆け付けた小平稲門会の面々

応援に駆け付けた小平稲門会の面々

試合は、早稲田は防御率トップの小島(おじま)を、慶應は現役最多勝の加藤(拓)の両エースを先発に立て両校とも必勝の構え。早稲田の小島の立ち上がりはボールが高めに浮き、コントロールが安定せず不安な立ち上がり。1回裏、慶應にエラーがらみの先制点を許した。
一方、早稲田は3回まで慶應加藤の力のある球を打ちあぐね、ノーヒット・5三振の貧打。やっと4回表に四球、内野安打、牽制悪送球の後、5番佐藤晋のセンター前タイムリーヒットで同点に追い付き、応援席の興奮は一気に高まった。

男子チアー・ショッカーズは高さのある演技を披露

男子チアー・ショッカーズは高さのある演技を披露

ひねりを入れた華麗な演技のチアー

ひねりを入れた華麗な演技のチアー

応援席風景

応援席風景

その後、両エースの投げ合いで、試合は同点のまま7回へと突入した。早稲田は、7番小藤が四球、スリーバント成功で1アウト2塁のチャンス。応援席はここで、小島(ピッチャー)に替わって左の代打の切り札熊田の登場を確信した。

投手小島は力投するも報われず

投手小島は力投するも報われず

しかし、そのまま小島は打席に立ち敢え無く三振。続く一番八木は第一球をライトポール際へ大ファールをするも、結果は3塁ゴロで憤死。
この7回表・裏の攻防の巧拙が勝敗を決した。結局、早稲田は加藤拓に対して12三振3安打と抑え込まれて完敗した。

試合後は新宿の「うおや一丁」で、西東京・東村山・武蔵村山の各稲門会との合同残念会になり、明日の必勝を期して楽しい野球談議が続いた。

続く第2戦は2対1で勝利したが、第3戦はまたも加藤拓に完封を許し、1対0で負け、勝ち点を逃した。結局、秋のシーズンは勝ち点3の3位という結果で終わった。

無念! 4稲門会合同残念会

無念! 4稲門会合同残念会


【参加者(敬称略):3名】井垣昭(36法)、大島二典(44理工)、栗原政博(39政経)

(大島二典 記)

 

 

 

 

 

秋の集い 第7回バーベキューパーティー開催

早大生を招待 大盛況の中 成功裡に終了!!

2016年11月12日(土)、12時から会員の小林秀雄さんの庭先をお借りして、第7回バーベキューパーティーを開催。前日までの悪天候が嘘のように晴れ渡った快晴のBBQ日和。
初めに、栗原政博会長(39政経)の挨拶。引続き長老佐藤俊雄さん(33教育)の乾杯で大パーティーを開始した。

改札する栗原会長   乾杯の音頭をとる佐藤(俊)さん

    挨拶する栗原会長                  乾杯の音頭をとる佐藤(俊)さん


肉・野菜・伊豆名物さつま揚げ・豚汁・焼きそば・シシャモなどの多彩な食材に加えて、楽農会からの新鮮野菜、小林さん奥様から猪肉・漬物の差入れもあり、さらに変化に富んだメニューとなり大好評。お酒も皆様からの差入れで銘酒が潤沢。今年は、新実行委員5名の方に、焼き肉、焼きそば、トン汁などの調理を願ったが、初めてとは思えない腕前。さらにテーブルまで料理のサーブに回り、皆さんの食欲を誘ったようで、食べ物の売れ行きは例年にも増して活発。お酒も進み、長老・新旧会員・学生が分け隔てなく交流。初めてお話しする方もいたがすぐに打ち解け、和気藹々の雰囲気のなか参加者全員がバラエティーに富んだ話題を楽しんだ。

早大生の紹介・挨拶などもあり、楽しいひと時は瞬く間に過ぎ、最後は、集合写真撮影、「紺碧の空」の大合唱でお開きになった。

晴天の下、たらふく食べた・飲んだ。笑顔の参加者諸氏

晴天の下、たらふく食べた・飲んだ。笑顔の参加者諸氏

学生諸君と栗原会長(中央)、大島幹事長(右)

学生諸君と栗原会長(中央)、大島幹事長(右)


その後、有志による二次会が近くの蕎麦屋「小川屋」で開かれ、大いに食べ・飲み・しゃべり、楽しんだ一日であった。本パーティー開催にあたっては、関係各位の多大なご協力を頂いて、無事、且つスムースに終了することができました事を改めてお礼申し上げます。


【参加者(敬称略):33名+オーナー家族】

■会員:30名
石井道彌、伊藤順藏、伊藤徹、大島二典、大屋元治、梶川允、河崎健治、国友康邦、久保田節子、栗原政博、小山雄一、櫻井英夫、佐藤俊雄、篠原哲、末次浩一郎、鈴木昭助、 瀧川清、土井洪二、中尾駿、早川三雄、福田豊・奥様、本田惇、松尾寛敏、松村純夫、峯岸敏雄、村上征徳、村木央明、横田康平、山本浩
■招待:早稲田大学学生3名
Jennifer Waldman(国際教養3)、王曹傑(文研1)、鈴木綾乃(先進理工1)

(大島二典 記)

 

 

稲門祭・ホームカミングデー開催される

稲門祭のテーマは「Welcome to Waseda Wonderland」。

2016年10月23日(日)、秋晴れ絶好のお祭り日和。ホームカミングデーと稲門祭が開催された。今年の稲門祭のテーマは「Welcome to Waseda Wonderland~人・国・時を超える、進取の聖地~」。

大隈講堂で行われたオープニングセレモニー

大隈講堂で行われたオープニングセレモニー

応援部のパレード

応援部のパレード


例年にも増して多彩なゲスト陣が出演するイベントは「大隈塾稲門祭スペシャル2016『ワセダの躍進』」「世代を超えたワセジョの魅力」~あなたの隣のワセジョ」「ワセダが介護を『快護』に変える」などの新企画が盛り沢山。
特に、「大隈塾」では田原総一郎氏を司会に、スポーツ各界の著名人である清宮克幸氏、小宮山悟氏、渡辺康幸氏、大榎克己氏の4氏が出演し、2020年東京オリンッピック・パラリンピックに向けて、日本スポーツ界が世界と戦うために、食事、科学的トレーニング、メンタル面の強化などについて白熱した議論が展開された。

大隈塾稲門祭スペシャル「ワセダ」の躍進

白熱した議論が展開された大隈塾稲門祭スペシャル2016「ワセダの躍進」


大隈庭園では、例年通り東京三多摩支部のサロン・ド・三多摩が開店され、福生の銘酒「嘉泉」、稲城の「梨」、狛江の「枝豆ビール」など三多摩の名産が出展された。小平稲門会からも、「ブルーベリー菓子」の販売と福引景品ふるさと賞に大粒ブルーベリージャムを協賛・提供した。

小平稲門会から参加の面々

小平稲門会から参加の面々

 小平稲門会から役員として参加された伊藤(徹)さん、松尾さん、松村さんをはじめ皆様お疲れさまでした。

(大島二典 記)

 

第28回小平稲門会通常総会開催される!

新体制スタート 伊藤会長から栗原新会長へバトンタッチ

平成28年10月15日(土)午前11時から「ルネこだいら」にて、第28回小平稲門会通常総会がとり行われた。

議事進行を務める伊藤会長

議事進行を務める伊藤会長

第1部は、小平稲門会・伊藤順藏会長(29政経)の挨拶・議長役で開始。「本日は、ご多忙の中、来賓、学生をはじめ多数の方のご参加を頂き感謝申し上げる。小平稲門会は会員相互の親睦を図るための多様な活動を展開している。新会員をはじめ全員が諸活動に参加され新たな提案、創造をして、更なる活性化を図って頂きたい」との挨拶がなされた。

挨拶する栗原新会長

挨拶する栗原新会長

続いて、平成28年活動報告、決算・監査報告、平成29年活動計画・予算(案)、役員改選などの議事もスムースに進行。栗原新会長から「平成元年に会設立以来3代の会長が楽しい稲門会を作り上げて来られたことを感謝する。4代会長の任は、名誉であるが、かつ重責である。微力ではあるが、役員一致協力して総合力で対応していきたい。地域との連携、若手・女性の取り込み、地域貢献などに加えて、これからの2年は、30周年記念、三多摩支部副主幹稲門会という特別のイベント・任務が待ち受けている。会員の皆様からのご提案、声掛けなどを頂きながら遂行していきたいのでご支援、ご協力宜しくお願いする」との挨拶がなされた

続いて新役員紹介、早稲田大学地域担当部長(キャンパス企画部長)佐藤宏之氏のご挨拶、ご来賓紹介が無事に完了。

新役員の紹介

新役員の紹介

挨拶する早大・佐藤部長

挨拶する早大・佐藤部長


第2部アトラクションは「早稲田大学ハワイ民族舞踊研究会」によるフラダンスで、学生の笑顔・若さ溢れる演技が観客を魅了した。

若さあふれる学生のハワイアンダンス

若さあふれる学生のハワイアンダンス


第3部は、小林正則小平市長、宮寺賢一小平市議会議長、田村政義小平三田会会長のご挨拶、東京三多摩支部長・あきる野稲門会会長の高野一男氏のご祝辞・乾杯で開始。

左から、挨拶する小林市長、宮寺市議会議長、田村小平三田会会長

ご来賓の挨拶。左から小林市長、宮寺市議会議長、田村小平三田会会長

乾杯の音頭を取る高野氏

乾杯の音頭を取る高野氏


新入会員、初参加会員の挨拶。そして若手交流事業の一環として招待された、小平市在住の早稲田大学生、留学生の挨拶。フラダンスメンバーも加わり、多くの若者の参加が会場に花を添え華やかな雰囲気を醸し出した。また、早稲田祭運営スタッフからの運営資金募金のお願いには多くの方のご協力をいただき運営スタッフから心からの感謝の言葉が述べられた。

新入会員・初参加会員の皆さん

新入会員・初参加会員の皆さん

学生諸君と笑顔の栗原新課長(右)、 留学生ステイ先オーナーの鈴木さん

学生諸君と笑顔の栗原新課長(右)、
留学生ステイ先オーナーの鈴木さん

早稲田祭運営スタッフ

早稲田祭運営スタッフ

近隣稲門会の来賓を交えての歓談も弾み、楽しい一時はあっと言う間に過ぎ、最後は、幹事・滝口幸一さん(平8文)のリードにより、「都の西北」全員斉唱で散会となった。

滝口さんによる校歌リード

滝口さんによる校歌リード

全員で「都の西北」の大合唱。振り上げる拳に力がこもる

全員で「都の西北」の大合唱。振り上げる拳に力がこもる


総会終了後、居酒屋「よっちゃん」で2次会が開かれ、これにも学生を交えた24人の多数の参加があり、総会の余韻に浸りながら、和気藹々とした進行となった。
当日は100名を超える多くの方にお出でいただき、特に多数の新会員、学生の皆様の参加により、大きな盛り上がりを見せた総会であった。メンバーはその後、3~4次会と深夜まで盛り上がるグループもいて、大いに楽しんだ一日であった。

2次会も和気藹々に

2次会も和気藹々に


当日参加者(敬称略) 102名
【来賓 26名】
〇早稲田大学関係: 早稲田大学地域担当部長(キャンパス企画部長)佐藤宏之
〇小平市関係: 小平市長/ 小林正則、小平市議会議長/ 宮寺賢一
〇小平三田会関係:小平三田会会長/ 田村政義、副会長/ 吉川 潔
〇近隣稲門会関係

・東京三多摩支部支部長・あきる野稲門会会長/  高野一男
・清瀬稲門会会長/ 内田貞司、事務局長/ 岡澤晃一
・東久留米稲門会会長/ 安次峰 暁、 副会長/ 河村洋子
・小金井稲門会会長/ 西村正臣、 幹事/ 長坂義明
・東村山稲門会副会長兼事務局長/ 大内一男、副会長兼事務局次長/ 山本岩男
・国分寺稲門会会長/ 清水 元、副会長/ 中山斌雄

・東大和稲門会副会長/ 南 敏、副会長/ 朝倉裕治
・立川稲門会会長/ 小林和雄、業務幹事/ 小宮山正明
・武蔵野稲門会事務局長/ 石井 聡、渉外副委員長/ 小野沢純一
・西東京稲門会会長/ 古賀良郎、 副会長/ 原田一彦
 ・武蔵村山稲門会副会長/ 有馬光彦、幹事長/ 荒畑好佑
【招待 学生4名】
〇市内在住学生
玉置研二(スポーツ科学部修1)、Jennifer Waldman(ジェニファー・ウォルドマン/ 国際教養学部3年)
〇早稲田祭運営スタッフ
白神真実(文4)、矢田崇将(創造理工1)
【アトラクション 10名】
早稲田大学ハワイ民族舞踊研究会
【会員 62名】
青木壯司、荒木彌榮子、井垣 昭、石井道彌、伊藤順藏、伊藤 徹、大島二典、大野照藏、小平道彦、梶川 允、河崎健治、木本芳樹、国友康邦、久保田節子、栗原政博、神波節夫、古林 繁、小山雄一、櫻井英夫、佐藤俊雄、佐藤良三、塩田智男、篠原 哲、末次浩一郎、鈴木昭助、高橋渉一、瀧川 清、滝口幸一、滝沢公夫、田中康彦、土子良治、百々謙治郎、飛田護道、富澤七郎、冨平 茂、内藤謙二、中村泰三、生井博美子、縄田屋敦己、西村 弘、野村吉宏、橋本勝弘、早川三雄、日髙文雄、福田 豊、藤田昌熙、二又祐一、穂積健児、堀田耕也、本田 惇、松尾寛敏、松村純夫、峯岸敏雄、村上征徳、村木央明、矢島久吉、矢田義行、山口弘毅、山口 勝、山本 浩、横田康平、宮寺賢一(来賓でもカウント)

(大島二典 記)