秋の集い  第5回バーベキューパーティー開催

早大生を招待 大盛況の中 成功裡に終わる!!

2014年11月22日(土)12:00から会員の小林秀雄さんの庭先をお借りして、第5回バーベキューパーティーを開催。当日は秋晴れの穏やかなBBQ日和で、早大生も加えて35名の華やいだ大パーティーとなった。

参加者全員

参加者全員

 
馬場正彦実行委員長の開会宣言、伊藤順藏会長挨拶、本田惇さんの乾杯で口火を切ると、一同BBQに殺到し大宴会がスタート。肉・野菜、伊豆名物さつま揚げ、豚汁、焼きそば、シシャモ、漬物とバラエティーに富んだ食材に加えて、楽農会からの新鮮野菜の差入れもあり大好評。

お酒も皆様からの差入れで銘酒が潤沢。 お酒も進み、長老・会員・学生が分け隔てなく交流。初めてお話しする方もいたがすぐに打ち解け和気藹々の雰囲気のなか参加者全員が趣味・酒・政治談議等バラエティーに富んだ話題を楽しんだ。

乾杯

乾杯!

新会員佐藤俊雄さん・早大生の紹介挨拶に引き続き、今年は、中尾駿さん提供による「JAL旅行券」くじ引きが有り、豪華賞品を射止めようと会場は熱気を帯びたが、これを櫻井英夫さんが見事に引き当てた。楽しいひと時は瞬く間に過ぎ、最後に集合写真撮影でお開きになった。

くじ引き旅行券

くじ引きで旅行券を引き当てた櫻井さん(右)

学生諸君もたらふく食べ、お土産の焼きそばを持ち大満足の様子。勿論、その後、有志による二次会が近くの蕎麦屋「小川屋」で開かれ、さらに、お約束の三次会に行くグループもいて、大いに食べ・飲み・しゃべり楽しんだ長い一日であった。

本パーティー開催にあたっては、関係各位の多大なご協力を頂いて、無事かつスムースに終了することができましたことを改めてお礼申し上げます。

【参加者(敬称略) 35名+オーナー家族】
■会員 31名
荒木彌榮子、石井道彌、伊藤順藏、伊藤徹、大島二典、大屋元治、小川浩史、国友康邦、久保田節子、栗原政博、古林繁、小林秀雄、小山雄一、櫻井英夫、佐藤俊雄、塩田智男、鈴木昭助、中尾駿、中村泰三、野村吉宏、馬場正彦、二又祐一、本田惇、増田峰夫、松尾寛敏、峯岸敏雄、村上征徳、山本浩、横田康平、小林久子(会員奥様)、佐藤篤(新入会員、62教育、花小金井1)
■招待:早稲田大学学生 4名
飯島有哉(人間科学3)、Winzenried Caroline(国際教養4)、出崎毅哉(国際教養1、 早稲田祭スタッフ)、森衣里子(政経2、早稲田祭スタッフ)

第19回ざる蕎麦研究会報告

ざる蕎麦研究会は、第19回例会を2014年11月18日に調布市深大寺の深水庵で行った。今回は、菊花展の最中だった神代植物公園を訪れ、菊やバラを鑑賞したあと、深水庵に到着した。このお店には今年4月に一度訪れており、参加者の推奨による2度目の訪問であった。 報告の詳細は☞ ざる蕎麦研究会_201411 。

第55回ニモクサロン報告

ニモクサロンは、第55回例会を11月13日、東大和市駅前のBIGBOX東大和で開催しました。今回は新しい同好会「映画研究会」(映研)が発足し、来年から活動を開始することが明らかにされました。 詳細は、「ニモク_カラオケ_201411」をクリックしてご覧ください。 ニモク_カラオケ_201411

2014年秋の早慶戦応援ツアー

勝点 4 をあげるも  勝率差で惜しくも優勝を逃し 2 位に終わる

11 月 3 日(月)秋晴れ、絶好の野球日和、小平稲門会 6 名、西東京稲門会 13 名が神宮球場に参集。今季は最終節まで、早稲田、慶應、明治の 3 校に優勝の可能性があるという大混戦の中、早慶戦に先勝した早稲田が今日勝てば優勝という大一番で、応援席の雰囲気はいやがうえにも高まった。
球場前で参加者勢ぞろい

球場前で参加者勢ぞろい

応援席風景

応援席風景

1 点差でゲーム失い明治に優勝譲る 試合は、慶應 1 回表の攻撃で 3 安打を集中され大量 3 点を失うという苦しい展開。早稲田は先発大竹からすぐに竹内につなぎ、何とか追いつきたいところ。ベンチも 5  回からは連投のエース有原を立て必勝の気構えを見せたが、再三のチャンスに早大 3 番中村奨吾が凡退し得点機を逸し、9 回を迎えて、2 対 5 で 3 点のビハインドと追い詰められた。ここで諦めないのが早稲田精神とばかりに小野田四球、茂木 2 塁打から 4 対 5 と追い上げ、神宮の空には「紺碧の空」が響き渡り、まだ 1 アウトで応援席の興奮は最高潮となった。しかし後続がなく、惜しくも 1 点差でゲームを失い、優勝を明治に譲った。
力投する有原

力投する有原

青空に浮かぶチアー

青空に浮かぶチアー

続く第 3 戦は打線が奮い 20 安打、待ちに待った中村の本塁打も飛び出し 9 対 0 と慶應を粉砕し快勝した。秋季リーグは勝点 4、2 位の結果となった。ドラフト 1 位指名コンビの有原、中村には今後プロでの活躍を期待したい。 観戦後は新宿の「うおや一丁」で、西東京稲門会との合同懇親会になり、何故ファールボールを捕球して犠打とさせてしまったのか等々……反省しきりのなか楽しい野球談議が続いた。
「うおや一丁」で残念会

「うおや一丁」で残念会

【参加者 合計 19 名】 伊藤順藏(29政経)、井垣昭(36法)、大島二典(44理工)、梶川允(43理工)、栗原政博(39政経)、馬場正彦(51教育) 、西東京稲門会13名

スイスはこんな国 サンモリッツ・ルガーノ周辺の“見て・食べ・歩き”

今年2014年は日本・スイス国交樹立150周年記念の年に当たり、この年にスイスの旅を楽しむ機会を得て、今しみじみとスイスとはご縁があったのだなと感じている。
このところ続いて年1回の海外トレッキングをしているグループから、「次は何処」の声が出たのは南仏~スペインのピレネー越えが済んだ昨年秋、“老害”の心配から次回のツアーリーダーは若手でとお願いしていたところ、剣持さんが天渓の赤沼さんと相談の結果であるとして2つのスイス山旅案を提示してきた。
私がサンモリッツにはアルプスの画家セガンティーニの足跡が多くあることと、アルプスで最も美しい稜線と評判のビアンコグラートを持つ名峰ピッツベルニナがあることから後者を推したため、今回の旅が実現することになった。

スイスはこんな国 サンモリッツ・ルガーノ周辺の“見て・食べ・歩き” 日本・スイス 国交150周年記念に=」を4つのパートに分けてお届けする。

 山本 浩(29 政経)

スイスはこんな国_Part_1           スイスはこんな国_Part_2
スイスはこんな国_Part_3           スイスはこんな国_Part_4

サンモリッツ・ルガーノ周辺歩き概念図  

小平三小でゲストティーチャー活動展開

前年に続き 総合学習「未来へジャンプ」で

今期最初のゲストティ―チャー活動が2014年10月21日(火)の午後、小平市立第三小学校で90分間行われました。授業は6年生の1クラス約30名で編成した2クラスで行われ、どちらのクラスも真剣で、活発な授業となりました。

今回ティ-チャーを務めた会員は中村泰三さんと峯岸敏雄さんのお二人で、峯岸さんは初デビュ-でした。 テーマ「将来何になりたいですか…。日本のために働きませんか」で、ラジオ操作のワークショップも交えて教えた中村さんは「5回目のティーチャーだったが、こども達から『自分の将来設計のヒントを頂いた』等の感想を貰い、嬉しい限りだ。今回は、生徒たちの反応が素晴らしかった」との印象を語ってくれました。

5回目のティーチャーを務めた中村さん

5 回目のティーチャーを務めた中村さん


「デパートを探検しよう」のテーマで、多くの写真やケーススタディを取り入れて授業した峯岸さんからは「『お客様にいかに気持ちよく買い物を楽しんで貰えるか』というデパートでのおもてなしサービスについて語ったが、こども達が想像以上に感性豊かに受けとめてくれて感動した。活動の影響の大きさを実感した」との初体験の感想がありました。

「デパートを探検しよう」のテーマでレクチャした峯岸さん

「デパートを探検しよう」のテーマでレクチャした峯岸さん

授業の後の反省会では、校長先生、6年担任の先生方から「大変貴重な話だった」との熱い感謝の言葉があり、気持ちの良い授業ができたことを関係者一同喜びました。

後日、生徒さん全員から中村さん、峯岸さんへそれぞれ御礼と感想文集も届けられました。

年明けの2015年1月には小平市立第二小学校でも活動を行う予定です。

(担当:小山雄一記)