南会津に紅葉を求めて

小平市写真連盟 会員
国友康邦(38商)

東北では紅葉が始まっています。2017年10月26~27日、南会津に撮影に行ってきました。

【1日目】
南会津の紅葉の名所、観音沼、矢野原湿原へ。紅葉は。ちょうど見ごろでした。

  • 観音沼

【2日目】
早朝4時30分出発、田子倉湖の展望台から撮影。朝食に戻り、アイヨシの滝を撮影、六十里越から新潟山古志村へ向かう。

  • 田子倉湖展望台から西方向

第91回ニモクサロンの報告

●日  時:2017年11月9日(第2木曜日)12:00~14:30
●場  所:東大和市駅前「BIGBOX 東大和 C6室 」 042-566-6892
●会  費:2,500円(1,000円以内の昼食+飲み物+室料1,050円)
●参加者:19名。荒木・井垣・伊藤(徹)・小川・小平・久保田・栗原・佐藤(俊)・佐藤(良)篠原・鈴木(昭)・滝沢・竹内・野村・原・堀田・山本・横田・若林 (敬称略・五十音順)

栗原会長はじめ、お久し振りにご参加の方が多くて、今日は19名の大人数になりました。外は冷たい風が吹いていましたが、部屋の中は暑いほど、ビールが美味しい美味しい!

ハイ、写真を撮りますよ~~~

ハイ、写真を撮りますよ~~~


最初に、いつもの様に、11月・12月の小平稲門会や同好会の活動予定が紹介され、参加申し込みや確認が行われました。人数制限のある企画もありますので、申し込みはお早めに・・・。
同好会の予定は、広報からの開催予定一覧表・HP・ニュースに掲載されています。

19日のBBQ大会は30人の参加を目指しています。もう少しですので、中村さんまでお早めに!
「観劇の会」志村智雄の語り「雨月物語 青頭巾」は、市民の申し込みが40名を超えました。
手伝いを含め小平稲門会員20名位は参加出来ますが、あと数名ですので、お早めに!
12月13日(水)、恒例の「石井道彌&カラ・OK」吉祥寺サウンドラボは、現在空き待ちです。

今日はたっぷり時間が有ったせいでしょうか、少し建設的な話題が続きました。
(1)新入会員拡充について
・勧誘に成功した人に聞く →  どういう方法が入会に結び付いたのか
・入会した人に聞く → なぜ入会する気持ちになったのか
◎何度も足を運び、誠意をもって接した勧誘者のお人柄に魅かれた様でした
◎暑い夏に、汗をかきながら訪ねてきた姿は、評価が高かったようですよ。
(2)新入会したのになぜ退会したの
・現在参加したい同好会、企画が無い。活躍しないのにニュースなどを配達して貰うのが負担
・またいつか活動できるようになったら参加する。
◎受け皿として同好会は18あるが、居場所を見つけられる事が定着に結び付くと思う。
(3)早稲田学報への投稿について
・活動報告掲載は、小平稲門会の宣伝に役立つと思われる。
・4回の小平稲門会全体行事だけでなく、同好会活動も掲載することは効果がある。ただ原稿を書く人、字数制限の煩わしさを解決する必要がある。

次回ニモクサロンは12月14日(第2木曜日)開催。会場はC6椅子席、左側の部屋です。

(文・写真=荒木)

 

 

2017こだいら合唱団 東村山交響楽団演奏会

「2017こだいら合唱団  東村山交響楽団演奏会」が開催されます。
小平、、東村山、清瀬、東久留米、西東京の5市で構成される多摩北部都市広域行政圏協議会が多摩六都フェアとして実施する文化・スポーツ事業の1つ。圏域5市で募集し、結成された2017小平合唱団と東村山交響楽団が奏でる美しいハーモニーをお楽しみいただけます。

●日 時:2017年12月17日(日) 15:00開演(14:3開場)
●会 場:ルネこだいら 大ホール
●プログラム:①ベートーヴェン  バレエ音楽「プロメテウスの創造物」作品43より序曲、イントロダクション、パストラーレ、フィナーレ②メンデルスゾーン   交響曲第2番「讃歌」作品52
●料 金:全席自由 1,700円
●チケット:ルネこだいらチケットカウンターへ(電話042-346-9000)
●主 催:多摩北部都市広域行政圏協議会/(公財)小平文化振興財団
●案内リーフレット(出演者のプロフィールなど)はこちら

11月7日に小平三小でゲストティーチャー活動を展開

小平稲門会が地域貢献活動の一環として展開している小学校でのゲストティーチャー活動が、次の要領で行われます。小平稲門会のメンバーが社会人として培った経験や知識を小学生にわかりやすく伝えるもので、2010年から小平市立の小学校で展開しています。

●実施日:2017年11月7日(火)

●時 間:13時15分から90分(10分の中休みあり)
●場 所:小平市立第三小学校(小平市回田町118)
●対 象:小学6年生
講 師:①塚本恵三(「総合商社」    はてその正体は?)
             ②峯岸敏雄(デパートを探検してみよう)
●実施責任者:鈴木昭助・副幹事長

 

清瀬稲門会20周年記念 倶楽部グリー清瀬演奏会

清瀬稲門会は設立20周年を記念して、倶楽部グリー(早大グリークラブOB)による演奏会を行います。

●日     時:2017年11月18日(土)  開演14:00(開場13:30)   
●会     場:清瀬けやきホール(清瀬市元町1-6-6     電話042-493-4011)
            西武池袋線清瀬駅北口から徒歩4-5分。アクセスはこちら
入  場  料:500円(全席自由) チケットは清瀬けやきホールで購入できます。
●賛助出演:コーロフィオーレ(清瀬市)
●主    催:早稲田大学校友会清瀬稲門会
●後    援:清瀬市、清瀬市教育委員会
清瀬稲門会_倶楽部グリー_201711

第49回名曲を聴く会の報告

日  時:2017年10月27日(金) 午後1時~3時
場  所:国分寺駅北口 「でんえん」
曲  目:次のとおり。
◎モーツァルト 交響曲第25番、第40番
  指揮 ブルーノ・ワルター  ウィーンフィルハーモ二ー
名曲を聴く会_201710_1_2モーツァルトには珍しい短調の交響曲である。
第25番は、第1楽章の冒頭のシンフォニーが他の交響曲と異質の音色である。
第40番はワルター、ウィーンの豪華組み合わせを待ち望んだ名曲であり、録音時には永遠の40番と言われた名盤である。

◎ストラヴィンスキー  バレエ組曲 春の祭典
 指揮 ピエール・ブーレーズ  フランス国立放送局管弦楽団
名曲を聴く会_201710_3_4
何とも奇抜な不協和音に満ちた曲である。
20世紀の近代音楽の傑作に挙げられる曲であるが、初演時には歓呼と怒号で湧き上がったとのことである。
また、演奏困難な曲の一つで、指揮者泣かせの曲目とされ、暗譜で指揮できたのは、ロリン・マゼールが最初とのことである。

◎本日の参加者: 荒木、栗原、
近藤(ゲスト、国分寺の税理士)、清水 (国分寺稲門会会長)、山本、山本(杉並稲門会)、小川、以上7名。
名曲を聴く会_201710_5
その後、例によって、ほんやら洞でスペイン産の赤ワインを飲みながら雑談、特に近藤さんは国分寺在住が60年に近く、昔話に花が咲いた。

【次回予定】
開催日:11月24日(金)  午後1時~3時
場  所: 国分寺駅北口「でんえん」
会 費: 1,000円(コーヒー付き)
曲 目: 次のとおり。
◎べートーヴェン 交響曲第4番
   指揮 カール・シューリヒト   パリ音楽院管弦楽団
◎モーツァルト  ヴァイオリンとヴィオラのための協奏交響曲(K.364)
            管楽器のための協奏交響曲(K.297)
 指揮 カール・べーム  ベルリンフィル

なお、12月例会は恒例により、べートヴェンの第九を聴くが、指揮フルトヴェングラー、バイロイト祝祭管弦楽団及び合唱団を予定。
以上。

(文:小川、写真:荒木)

第18回寄席研究会報告

第18回寄席研究会は10月25日(水)、新宿末廣亭で10月下席昼の部観賞会を開催しました。今回も落語協会担当の寄席でした。末廣亭は落語芸術協会の寄席と10日毎に交替で開催されます。
寄席研究会_201710
前回6月開催の時は、開演早々に2階席まで埋まり、会員2名が入場出来ないというハプニングがありましたが、今回は通常通り(というより通常以下)で30名の団体予約があったものの1階だけで納まりました。

前半のお目当ては桂才賀、1年前の寄席研でトリをとった時と同じ演題の新作「カラオケ刑務所」でしたが、罪状と歌詞がピッタリで観客を沸かせました。超ベテランの三遊亭円丈は、前代未聞のカンペを目の前に置いての落語でしたが、円丈ならまあいいかという雰囲気でした。お中入り前の柳家小さんの「親子酒」は先代の父親も得意の噺で、聞きごたえのあるものと思いました。

後半の柳家小里んは、囲碁の対戦に泥棒が絡むという噺(題名?)で、テンポが良くベテランの味が出ていたと思います。
トリは入船亭扇好で、私は彼の落語を聞くのは初めてです。(兄弟弟子の扇辰は高校の後輩で何度も聞いていますが。)
演題はお馴染みの江戸っ子の拾った財布をめぐる喧嘩から始まる「大岡裁き・三方一両損」でしたが、張り切りすぎてか何回かかんでしまったようです。

終演後は恒例の焼き鳥屋・庄助で懇親会を行いましたが、寄席の話以上に先日の稲門祭そして総選挙の話で盛り上がりました。
次回は来年2月を予定しています。是非ご参加下さい。

★参加者:井垣、国友、栗原、末次、松村、山本、伊藤、以上7名(敬称略)

(文=伊藤、写真=国友)

 

 

 

第4回ワイナリー見学ツアー報告

10月の第42回ワイン研究会は、昨年に続き「第4回ワイナリー見学ツアー」として行いました。

・日  時:平成29(2017)年10月20日 8時30分出発-17時30分帰着
・訪問先:
ルミエールワイナリー(笛吹市)―フレンチダイニング竜― Kisvinワイナリー ―乾徳山恵林寺(以上 甲州市塩山)
・参加者:23名(50音順・敬称略)
井垣、伊藤(徹)、小川、梶川、国友、栗原、佐藤、篠原、末次、滝沢、冨平、野村、早川、福田、松村、村木、山本(以上 男性17名)
荒木、小林(弘)、坂本、浜田、福田、片岡(以上 女性6名)

今回のツアーは、創業130年、日本最古のワイン醸造用地下発酵槽を持つルミエールワイナリーと、発足4年ながらそのぶどう栽培とワイン造りに業界が注目するKisvin(キスヴィン)ワイナリーの歴史の異なる2社を訪れようというもの。その間に挟まるランチタイムも乞うご期待。

秋を飛び越して一気に冬を迎えたかのような前夜からの雨の中を参加者全員、元気に小平駅前に集まった。
定刻にスタートしたバスは小雨降る中央高速を山梨へ。今回5名のツアー初参加者がいて、改めて全員で自己紹介。和やかな雰囲気に移る頃合いをみて、恒例の缶ビール車内販売。ビール営業が本職だった松村さん、さすがの声掛けでたちまち売切った。

ビールは完売! 観光マップでお勉強!

ビールは完売! 観光マップでお勉強!

「皆さんご心配なく。山梨に入ったら富士山が見えますよ!」と道中ガイド役を買って出た「山梨観光大使」の早川さん、勤務していた出版社のコミックを使っての「甲州」ぶどうの生い立ちの説明や、観光マップの配布をするなどサービス満点。
富士山こそ顔を見せなかったが、山梨県に入ると降雨の跡もなく雲のかかった山並みを遠くに見ながら順調な走行を続け、最初の目的地ルミエールワイナリーへ。

雨上がりの山並みを見ながら、ルミエールワイナリーへ

雨上がりの山並みを見ながら、ルミエールワイナリーへ

甲府盆地の東部、京戸川扇状地の中腹傾斜地の狭い道をバスはやっと上って創業家の旧家跡というワイナリーに到着。われわれを出迎えたスタッフの大島さん、早速ワイナリー前に広がる日本式棚仕立てのぶどう畑の案内のあと、醸造タンクなど施設を見学して醸造用地下発酵槽へ。
傾斜地の地中を流れる地下水の天然の冷却効果でワインセラーやタンクに適しているとして作られたこの日本初のヨーロッパ型横蔵式半地下貯蔵庫、発酵槽は国の有形文化財として登録されている。

有形文化財指定の石倉の中で

有形文化財指定の石倉の中で

花崗岩を積み上げて作られた長方形の地下発酵槽10基が横並びに並んでいて、赤ワインの大量仕込み兼貯蔵タンクとして使われたという。「花崗岩の表面が赤くなっているのは長年利用したブドウの色素が付着したから」と大西さん。発酵槽の前の通路はセラーとして使われ、ワイン樽がズラリと並んで壮観。
この地下発酵槽が有形文化財に指定されたのを機に一部石蔵でのワイン仕込みが復活していて、醸造所から鉄網の蓋をとおして覗けたが、今年の仕込みは終わっていた。ショップでは試飲したり、お土産ワインを求めたりした。

ルミエールワイナリー見学を終えて

ルミエールワイナリー見学を終えて

笛吹を後にして塩山へ。JR塩山駅近くの住宅街、うっかりすると通り過ごしそうな民家にひっそりと「フレンチダイニング竜」の看板が。旧塩山市長の私邸を取得してフレンチレストランにしたという知る人ぞ知る人気店。
「これがレストラン?」といぶかりながら豪華な門をくぐり、案内された離れの和室のテーブルにつき、手入れされた庭を眺めながらのランチタイムに。
和食器に地元の有機野菜を使ったフレンチランチのフルコース。飲み物はもちろん白ワイン「甲州」。和空間で味わうフレンチに会話も弾んで赤ワインをボトルで追加した。

フレンチフルコースを前に「甲州」白で乾杯

フレンチフルコースを前に「甲州」白で乾杯

昼食を済ませて次のお目当ては、ワイン研に招いたのがきっかけになって昨秋晴れて推薦校友となり、今年の4月例会にも招いたおなじみの斎藤まゆさんが醸造責任者を務めるKisvinワイナリー。
こちらも住宅街の中、「Kisvin Winery」と記した案内のワイン樽を見逃してしまいそうな佇まいのワイナリー。それもその筈、ここは三代続くぶどう栽培農家の荻原Kisvin社長の実家、今も社長のお祖母さんが住まわれているとか。その敷地を使って評判のワインを造っている小さなワイナリー。

Kisvinワイナリー入口で斎藤さんのお話

Kisvinワイナリー入口で斎藤さんのお話

われわれを笑顔で出迎えた斎藤さん、歯切れのよい口調で歓迎の言葉を述べてワイナリーの説明。「小さいワイナリーですが、この間世界的に有名なソムリエが来訪されて、スイスにはもっと小さいワイナリーがあるよと言ってくれました」。
次いで新興ワイナリーらしくピカピカに光る新鋭醸造設備と敷地地下に造られたセラーを見学。セラーには20樽が並んで各種ワイン熟成中。説明を受けているとき、打栓用木槌で樽を叩いたり、栓を開けてみようとした会員がいて斎藤さんを慌てさせる一幕も。畑では60種ものぶどうを栽培していると言い、「どんどん新種のぶどうを栽培して良いワインづくりに挑んでいきます」と斎藤さん。

ワインセラーで大人しく説明を聞いていたのですが・・・

ワインセラーで大人しく説明を聞いていたのですが・・・

快活に話す斎藤さんに比べて控えめな萩原康弘社長だったが、ぶどう栽培の専門家としての評判はつとに高く、良いぶどうとワイン造りに秘める情熱は熱い。「良いワインを造るために斎藤にきてもらった。今後ともこれで行く」ときっぱり。小さいながらも萩原・斎藤コンビの世界に通用するワインづくりに業界の注目度はいやがうえにも高まっていくことだろう。

4種の試飲ワインを頂き、斎藤さんの音頭で乾杯!

4種の試飲ワインを頂き、斎藤さんの音頭で乾杯!

場内見学の後は、Kisvinワイン4種の試飲でのおもてなし。斎藤さんの発声で乾杯! 楽しく再会の一時を過ごし、お気に入りのワインを買う参加者も多かった。

萩原社長と斎藤さん(前列中央)を囲んで記念撮影

萩原社長と斎藤さん(前列中央)を囲んで記念撮影

斎藤さんたちに見送られてKisvinを後にし、武田信玄の墓があるので有名な乾徳山恵林寺へ。重要文化財の「赤門」をくぐって庭園を進むと「三門」に。

恵林寺「三門」の前で早川観光大使の解説が続く

恵林寺「三門」の前で早川観光大使の解説が続く

柱には、織田信長の焼き討ちで死を遂げた快川(かいせん)和尚の辞世の詞が両柱に掲げられている。「安禅必ずしも山水を用いず、心頭滅却すれば火も自ずから涼し、と読みます」と、ここでも早川さん、観光大使の顔をのぞかせた。
開山堂―方丈庭園―うぐいす廊下―恵林寺庭園とみどころを早足でまわったが、信玄公墓所は非公開で遠くから眺めるだけだった。

予定のコースをすべて巡って帰途に。車中ではビンゴゲームに興じた。都内に近づくにつれて再び雨模様。小平駅前に予定どおりの時刻に無事帰着。「楽しかったよ。また来年もよろしく」の声を残して解散となった。

(文=井垣、写真=荒木)

次回の第43回例会は、11月17日(金)15:00-17:00、カサ グランデでの開催です。今年のボジョレ・ヌーボーを味わう会です。会費は2,000円+ワンコイン(任意)。どなたでも歓迎。ただし、会場の都合で14名まで。申し込み締め切りは11月12日ですが、早めに井垣(090-1196-1471)までお願いします。