投稿規定

2018年 8 月21日
改訂 2020年10月20日
小平稲門会 ホームページ管理委員会

~小平稲門会ウェブサイト~
投稿規定 

■ウェブサイトへの投稿資格を有するものは、小平稲門会の会員のみとします。

1.表題などの表記方法
 a.同好会活動報告:同好会名、例会の開催年月日を記載。

 b.随想・紀行文等:タイトル、執筆者名(卒業年・学部)を記載。
 c.フォトギャラリー:タイトル、撮影年月日・場所、撮影者名(卒業年・学部)を記載。

2.本文の文字数
 a.同好会活動報告:2,400字以内

 b.随想・紀行文等:4,000字以内
 c.フォトギャラリー:800字以内

3.写真(画像)点数
 a.同好会活動報告:10点以内

 b.随想・紀行文等:10点以内
 c.フォトギャラリー:20点以内

4.本文中への写真(画像)挿入位置の指定(フォトギャラリーを除く)
   …本 文…

   …本 文…
   (写真1)  ⇔ 写真1の挿入位置
     1行アキ
   …本 文…
   …本 文…
   …本 文…
 (写真2)(写真3)⇔ 写真2と写真3の挿入位置
     1行アキ

5.写真説明
 本文のあとにまとめる。写真番号を明記してキャプションを記載する。

  (写真1)〇〇〇〇〇〇
  (写真2)□□□□□□□□

6.執筆者・写真撮影者のクレジット記載(同好会活動報告の場合)
 記載は任意とするが、記載する場合は次の様式に従う。

  (○○○○)⇔文章のみの場合は氏名のみ記載
  (文=○○○○、写真=□□□□)
  (文・写真=〇〇〇〇)

7.写真(画像)のファイル名
 a.同好会活動報告:同好会名、例会開催日、写真番号を記載

 b.随想・紀行文等:写真番号を記載
 c.フォトギャラリー:写真番号を記載

 同好会活動報告の場合、ファイル名の記載は、次のように「同好会名_年月(日)_写真番号」とする(「 _ 」はアンダーバー)。

●●研究会_201601_1

(2016年1月に開かれた「●●研究会」の写真1であることを表す)

8.写真(画像)ファイルの送信
 大容量(5MB以上)の画像ファイルはサイズを圧縮してメールに添付し送信する。

9.個人情報の掲載と保護
(1)個人情報の記載は、慎重に行う。

(2)住所の記載は「□□町○丁目」までとし、「×号」「×番地」は記載しない。
(3)電話番号、E-メールアドレスは、連絡先として必要不可欠な場合にのみ記載する。

10.原稿整理
 執筆者の意図・表記を尊重しながら、

(1)用字用語を統一することがある。
(2)形式等を変更することがある。

11.オリジナル原稿の保管
 大切な原稿(文章、写真、PDFファイル等)は、投稿後もご自身のパソコンあるいは記憶媒体(CD・DVD・USBメモリースティック等)に保管をお願いします。

12.原稿の送付先(小平稲門会広報担当)
 alumni.kodaira(at)gmail.com 【(at)を@に変更してください】

(以 上)

◆PDFファイルはこちら

新型コロナウイルス感染症関連情報

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)関連情報は、次のとおりです。

【早稲田大学校友会】
新型コロナウイルス感染防止へのご協力御礼
および2021年1月~3月の校友会・稲門会活動についてのお願い

(2020年10月13日)


【小平稲門会】
新型コロナウイルスの影響拡大に伴う小平稲門会の対応について No. 4
(2020年7月1日)

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急支援金」へのご支援のお願い
(2020年5月6日)

新型コロナウイルスの影響拡大に伴う小平稲門会の対応について No. 3
(2020年4月9日)

新型コロナウイルスの影響拡大に伴う小平稲門会の対応について No. 2
(2020年3月25日)

新型コロナウイルスの影響拡大に伴う小平稲門会の対応について
(2020年2月29日)

秋紀行~セレクション~

小平市写真連盟 会員
國友康邦(38商)

例年ですと、この時期は各地に紅葉の撮影に出かけておりますが、今年は残念ながら新型コロナウイルス感染症の影響で1月以降、一度も撮影に行っておりません。
そこで、以前撮影した「秋」の風景をピックアップしてみました。

裏磐梯(福島県)

裏磐梯(福島県)

裏磐梯(福島県)

高尾山(東京都)

白駒池(長野県)

乗鞍高原・まいめの池(長野県)

栂池自然園(長野県)