小平三田会作品展に小平稲門会が協賛出展

小平三田会のアートクラブ(代表=吉川潔・小平三田会会長)が主催する第4回小平三田会作品展(協賛=西東京三田会、小平稲門会)が2021年4月21日(水)~25日(日)の5日間、小平市中央公民館ギャラリーで開かれました。

「生きること」シリーズの作品を背に吉川潔・小平三田会アートクラブ代表


昨年は新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で中止となりましたが、今年は小平三田会(7名)、西東京三田会(3名)、小平稲門会(4名)の会員計14名が38点の作品を出展(作品リスト⇒こちら)。三田会会員、稲門会会員のほか、小平市民、近隣の市民が来場し、鑑賞を楽しんでいました。

作品を鑑賞する親子連れ


小平稲門会会員の出展は、一昨年の第3回作品展に続いて今回が二度目となります。出展した4名の作品は、次のとおり(敬称略)。

今井右子(昭53文学)
油彩3点


ガラス絵3点


國友康邦(昭38商学)
写真3点
  • 春の豊潤(新宿御苑)


早川三雄(昭46法学)
水彩1点

ぴっちぴっちちゃっぷちゃっぷらんらんらん


二又祐一(昭47商学)
書1点

「枚里(ばいり)」 王文治(清)


小平三田会アートクラブ代表の吉川さんは「今回も力作が揃い、いい展示になりました。来場者は例年に比べ少なかったようですが、多くのお褒めの言葉を頂きました。次回に向けて励みとなります」と、今回の作品展を総括しました。

(昭47商学・二又祐一)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です